Life with DISNEY

名古屋から東京ディズニーリゾートへ通う、とある遠方ディズニーオタクのブログ

ひとりディズニーって何をすればいいの?

f:id:yu__disneylife:20211121163511p:plain

 

皆様こんにちは🌼

 

本ブログのインパレポで公言している通り、私はディズニーへ行く時は大抵ひとりです。同じくディズニーオタクな実の妹もおりますし、何だかんだ楽しそうに一緒に来てくれる夫もおりますが、それでも大抵ひとりで行ってしまいます。

初めてひとりでディズニーへ行ったのは大学1年生の頃。それからすっかりひとりディズニーにハマってしまい、ひとりディズニー歴は6年程となりました。

 

今回の記事は、私流のひとりディズニーでの過ごし方や醍醐味などについて書いていきます(*'ω'*)

 

スポンサーリンク

 

 

Instagram @yu__disney.life パークで撮影した写真を毎日更新中!

Twitter @yu__disney_life

 

 

ひとりディズニーの利点

まず、ひとりで行くことにどんな利点があるのかですが、ずばり時間が全て自分のものということが最大の利点だと思います。

ひとりなのですから、いつ・どこで・どのくらいの時間・何をしていようと自由です。ベンチに座ってぼーっとシンデレラ城を眺めていてもいいし、お気に入りのアトラクションをひたすらループしてもいいし、レストランのテラス席でコーヒーを飲みながら読書をしてもいいんです。

 

そしてパーク内を見渡すと、意外とひとりで来ているゲストは一定数います。特にショーやパレードを待っているゲストや、キャラクターグリーティングに並んでいるゲストはおひとりさまディズニー率が高いです。

 

本記事をご覧になって下さっている方は、ひとりディズニーに興味を持たれて記事に辿り着いて頂いた方が多いでしょう。最初に少しだけ勇気を出せば、ひとりディズニーは全然難しいことではありません(*'ω'*)!

 

とは言え現在は、キャラクターグリーティングやショーはエントリー制度(抽選制度)、パレードも公演回数がそう多いわけではありません。次章からは、そんな状況であるパークで私が実際にどんなことをして満足感の高い1日を過ごしているのかを紹介していきます🏰🌋

 

 

カメラ片手にのんびりお散歩をしてみる

ディズニーは隅から隅まで完璧に作り込まれたテーマパークです。実際に目に見える建物や植物はもちろん、エリアごとの時代背景やお店ごとの設定も驚くほど細かく作り込まれています。

イマジニア達たちが作り上げた完璧な世界観を好きなだけ時間をかけて思う存分ゆっくり見て回るのはいかがでしょう?

 

ショップの外観やショーウィンドウに注目してみる

ショップのショーウィンドウや、実際には足を踏み入れることができない建物の2階部分に注目してみて下さい。ショップ内が空いている場合は、店内の装飾もあわせて見て回るのも良いと思います。

特に私が大好きなのは、ランドのワールドバザールと、シーのアメリカンウォーターフロント。”古き良きアメリカ”の建物がとても好みなんです。

 

f:id:yu__disneylife:20211019223551j:plain

2階は何屋さんなんだろう?

f:id:yu__disneylife:20211107142652j:plain

誰のどんなお店なのかな?

 

「良い景色」ハンターをする

前述の通り、ディズニーはイマジニア達が細部までこだわり抜いて作った場所です。基本的に360度どこを見ても素敵な風景が広がっています。そんな素敵な景色がゴロゴロと転がっているパーク内で、特に好みの”良い景色”を探してみませんか?

Instagramで見かけたあの場所」を探すも良し。マイナーだけど自分にとって刺さる風景を探すも良し。映える風景を探すも良し。気の向くまま赴くまま、良い景色を探しに繰り出しましょう。

 

f:id:yu__disneylife:20211121154651j:plain

昼と夜で全く違う表情を見せてくれる、パラッツォカナル

f:id:yu__disneylife:20211121154859j:plain

アトラクションに乗ったからこそ見られる風景も沢山あります

 

スポンサーリンク

 

 

食事やおやつをゆっくり取ってみる

ディズニーへ行くとどうしても、「次はあれ乗って、、、」「〇時からあれを見て、、、」「次のスタンバイパスは〇時で、、、」とついつい予定を詰め込みがちですよね。私もあまりひとの事を言えません笑

ですが、思い切ってごはんタイムやおやつタイムに時間を割いてみるのも選択肢としてオススメしたいです(*'ω'*)

 

パーク内のレストランは、1軒1軒それぞれにちゃんとストーリーがあります。小物などの装飾からレストランのストーリーを感じつつ、ケーキとコーヒーを楽しむのは最高の癒し時間です。

 

ただ、パーク内でひとりで食事となると、何となく落ち着かないものです。私もはじめてのひとりディズニーでは、落ち着いて食べることが出来ずにそわそわしっぱなしでした。

 

ひとりディズニーでレストランを利用する際は、

  • 混雑する時間を避けた、ズラしごはん(おやつ)
  • お一人様向けの席(カウンター席や小さめの2名掛け)を選ぶ

以上の2点を意識すると、はじめてのひとりディズニーでも比較的落ち着いて食事を取れますよ!

 

ちなみに私が一番お気に入りの席は、ランドの「ラ・タベヌル・ド・ガストン」の窓際のカウンター席。

f:id:yu__disneylife:20211023133201j:image

ちょうど窓の外に木が植えられていて、良い意味でディズニーランドっぽくない落ち着いた席です。あのガストンのお店とは思えない笑、カフェっぽい雰囲気で私の好みドンピシャ。

 

この時は入園者数が7,000人弱くらいの日だったのでレストランもかなり空いていて、1時間弱居座ってしまったのですが、混雑時の長時間利用は避けましょう!

 

 

こだわりの場所からショー・パレードを鑑賞する

「周りにショー・パレード派の人が誰もいない…」という場合は、こだわりの場所でいわゆる”地蔵”をする楽しみ方もオススメです。

ただひとりでの地蔵となると、本当にその場から動けなくなってしまうので、多少限界があります。私はひとりの場合はMAX2時間半くらいが限界です💦ご自身の忍耐力と相談の上、べスポジを確保しましょう!

 

f:id:yu__disneylife:20211121160927j:plain

私の一番のお気に入りは、シンデレラ城が写るプラザ外周

f:id:yu__disneylife:20211121161045j:plain

人気でなかなか取れないミッキー広場(※現在は抽選エリアです)

 

 

まとめ

今回は、ひとりディズニーでの私流オススメの過ごし方についてまとめました(*'ω'*)

これからひとりディズニーデビューしてみようと思っている方や、デビューしたての方の参考になれれば嬉しいです!

 

ひとりディズニーのリアルな1日の過ごし方については、インパレポをあわせてご覧下さい。

yu-disneylife.hatenablog.com

yu-disneylife.hatenablog.com

 

それでは、今回の記事はここまでとなります。

最後までご覧くださりありがとうございました🌷

 

スポンサーリンク